TOP»未分類»ウィルスの種類

ウィルスの種類

ウイルスとは、悪意のある人によって作られたプログラムです。画面の表示を変更するといったものから、パソコンの動作が重くなったり、保存データの破壊、ハードディスクのファイルを破壊するなど症状は様々なものがあります。
コンピュータウイルスにも様々な種類があります。今回は、その中で代表的なものをご紹介したいと思います。

トロイの木馬型

有益なプログラムにみせかけて不正の働きをするプログラムです。Web上でダウンロードされることが多いです。ユーザーの個人情報やアカウント・パスワードなどを盗んだり、ハードディスクの破壊などを行います。それ自体の増殖や他のコンピュータへの感染活動は行いません。よくわからないメッセージに対して、「Yes」や「はい」を選択しないようにしましょう。

ファイル感染型

パソコンのプログラムファイル(comやexeなど)に感染します。ファイルが実行されると、パソコンのシステム制御を奪い、他のファイルに自己を増殖させます。

マクロ型

MicrosoftのOffice製品(WordやExcel、Outlookなど)のマクロ機能を利用して感染・拡大するウイルス。Windowsユーザーの多くはOffice製品に使い慣れているためウイルスに冒されているファイルとも知らずクリックして感染することがあります。

ワーム型

ワームとは単独で自己増殖をする不正プログラムです。主にネットワーク(インターネット・メール)環境を通じて感染・増殖します。通常のウイルスは、プログラムを媒体として寄生し、感染・増殖していくのに対して、ワーム型ウイルスはそのような媒体を必要としません。自己の能力だけで活動を行います。
一般的にはメールの添付ファイルを介しての感染やネットワークを通じて広がります。
現在のウイルスは、このワーム型が主流となっています。

亜種

亜種とは、最初に発見されたウイルスを元に、活動内容や被害が変化したものを言います。もともとコンピューターウイルスは人の手によって作成されています。そのウイルスプログラムを更に別の人の手によって一部を変更し、同じような被害をもたらすよう作成したものです。