TOP»トラブル対応事例»データ復旧»質問を解決するには質問方法も重要

質問を解決するには質問方法も重要

パソコンが何らかのトラブルで動かなくなった場合どういった対応をされているでしょうか?
自分で解決できなくなったら詳しい人に聞いたりすると思いますが、聞き方によってトラブルの解決が早まる場合があります。そのために、どうしたらいいのでしょうか?

質問をまとめよう

質問メールや掲示板への書き込みを見ると、質問そのものが意味不明なものがたくさんあります。
決してうまい文章で書けと言うわけではなく、箇条書きでいいので何を知りたいのかということを誰が読んでもわかりやすい文章で、自分の質問をまとめてみましょう。実際にまとめている途中でわからない用語を調べたり、マニュアルを読んだりしていると、自分で問題が解決出来てしまうことが多くあります。

まとめのポイント!
1.自分の環境を再確認(使用機種、設定など)
2.現象をはっきりさせる(どんな症状なのか)
3.何をやったか(どんなことをやったらそうなったのか)

まずはメーカー情報

自分の質問をまとめたら、その内容を掲示板やメーリングリスト、知ってそうな人に質問する前に公式のサポート情報を調べましょう。最近では多くのメーカーがトラブル情報等をインターネット上で公表していますし、サポートの問い合わせ窓口があればそこに問い合わせるのは非常に有用です。そのものずばりの回答が得られなくても、ヒントになる回答はたくさん見つかると思います。
それでも解決出来なければ、掲示板等での質問となります。

質問する場所選び

インターネット上にはさまざまな掲示板やメーリングリストが存在していますので、どこに質問を書けばいいのかわからないという人もいると思いますが、掲示板の過去ログ(昔の書き込み)を探す過程で、さまざまな掲示板等を訪れたと思いますので、その中から自分の質問に最もふさわしいと思うところを探しましょう。

気をつけること

通常、質問をする場合は急いでいることが多いと思います。メーカーのユーザーサポートなどは別として、インターネット上の個人サイトなどで答えを急かすような事を書くと、相手も好きでやっていることですので、あまりいい感じはしません。そういったことをしっかり理解したうえで、質問をしましょう。