TOP»知っておくと便利なワザ»動作を少しでも速くする»常駐ソフト

常駐ソフト

常駐ソフトとは

Windowsを起動するときに自動的に起動して、いつでも使える状態になっているプログラムを指し、Windowsを終了するまで、起動し続けるソフトをいいます。
常に起動しているので必要なときにすぐに使えるなどのメリットはありますが、パソコンのメモリを占有するので起動が遅くなるなどのデメリットもあります。常駐ソフトを停止することは無駄なメモリの消費を防ぐことになります。

ただし、停止するとパソコンに不具合が起きる場合もあり、「必要な常駐ソフト」と「不必要な常駐ソフト」の見分けがつく方のみにお勧めします。
基本的に名前でソフトの種類が判断できない場合は手を付けないことをお勧めします。

常駐ソフトの停止方法

方法①タスクトレイ(画面右下の時刻表示左のアイコンが並んでいる所)から常駐ソフト停止
常駐ソフトの多くはタスクトレイに表示されます。アイコンの上でダブルクリックや右クリックから常駐を停止できるものがあります。表示されるメニューの設定から、常駐の解除が出来ないか確認してみてください。
例えばWindows Messengerは、「タスクトレイのアイコンをダブルクリック」→「ツール」→「オプション」→「Windowsの起動時にWindows Messengerを実行するをオフにする」→「OK」で自動起動しなくなります。

方法②システム構成ユーティリティから常駐ソフト停止
1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「名前に≪msconfig≫と入力」→「OKをクリック」
常駐ソフトを選択

2.「システム構成ユーティリティ」→「スタートアップ」→「停止したいソフトのチェックを外す」→「OKをクリック」
チェックを外す

3.「システム構成」→「再起動をクリック」→「オフにした常駐ソフトが停止されます」
再起動クリック

※ご本人の責任で行ってください。当方はOS・ソフトウェア等にトラブルが生じても一切責任を負いません。