TOP»知っておくと便利なワザ»動作を少しでも速くする»ディスクデフラグ

ディスクデフラグ

 ファイルの削除や保存を幾度も繰り返しているうちに、ファイルのデータがハードディスクに飛び飛びで分割されて保存されている状態を「フラグメーション」または「断片化」と言います。
 このような状態になるとファイルの読み書きを行う際に、ハードディスク内を飛び飛びにアクセスするはめになり処理速度が低下するようになったり、不安定の原因になります。
 そこで、飛び飛びに保存されたファイルのデータを規則正しく、並び替えて保存する機能が「ディスクデフラグ(最適化)」です。Windowsに標準搭載されているシステムツールです。

デフラグを起動する
スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスクデフラグの順にクリックしていきます。
デフラグを起動する

ドライブの選択
デフラグをかけたいドライブを選択し、「分析」をクリックします。
ドライブの選択

最適化
分析が始まり終了すると下図のようなメッセージがでますので、最適化をクリックしてください。
※ディスクデフラグに関する時間は、ハードディスクの容量やデータ量、パソコン処理能力によって異なります。
終了したら「閉じる」をクリックして終わりになります。
最適化