TOP»ITにかかわるリスク»データ»アウトルックのバックアップ

アウトルックのバックアップ

アウトルックのバックアップ方法をご紹介します

データのエクスポート

Outlook Expressの場合は、メニューの中の[ファイル]-[エクスポート]でアドレス帳とメールデータを外部に保存することが出来ます。アドレス帳はExcelで扱うことの出来る形式に変換されて自由に保存できますが、メールデータは一旦「Microsoft Outlook」のデータとしてコピーされます。完全に外部に保存するには再度Outlookからエクスポートする必要があります。
データのエクスポート
また、Outlook Expressのバージョンによっては、このエクスポートが出来ない場合もあります。その場合は、以下の方法でバックアップします。

データの直接コピー

まずOutlook Expressのデータがどこにあるか確認しましょう。確認の仕方は以下の通りです。
メニューの [ツール]→[オプション] をクリックし、[メンテナンス] タブをクリックします。
[保存フォルダ] ボタンをクリックし、[保存場所] ボックスに表示されるパスをメモ(コピー)しておきます。
データの場所を確認
あとは、エクスプローラ(適当なフォルダでも可)を開いて、アドレス部分に上記のパスを記入してください。
辿り着いた先にあるファイルをすべてコピーして、バックアップに使用する専用のフォルダに貼り付けてください。