TOP»ITにかかわるリスク»プライバシー»ネットオークションに関するトラブルついて

ネットオークションに関するトラブルついて

ネットオークションに関するトラブルについて

「インターネット・オークション等で商品落札後、
代金を振り込んだが商品が届かない」などの個人間売買トラブルが急増しています。
インターネット上での取引では、本当に相手が信用できるか、十分確認する必要があります。

対策

ネットオークションに関するトラブルについて 続き

高額なもの、現品を見る必要があるなど、店舗で購入するのが望ましいものについては、取引を控えた方が安全です。
相手の自宅、氏名、加入電話番号等、身元をしっかり確認してください。
フリーメールアドレスや携帯電話番号しか教えてくれない相手は、十分信用できるとは言えません。
代金先払いの取引は要注意。エスクローサービス(仲介業者を介するサービス)などを利用した方が、より安全です。
少なくとも、取引が終了するまでは、相手から届いた電子メール、代金振込等を証明する書類、その他の証拠となる書類や記録を保管しておくことが重要です。
詐欺の被害にあってしまった場合は、住所地を管轄する警察署に、
相手からの受信メール(ヘッダー情報を含む)、銀行振込控え、被害にあったホームページ、
その他判明している資料を持参し相談してください。

相手の住所が分かっているのであれば、期限を設けて配達証明付内容証明郵便で品物の発送若しくは代金の返金を求める等といった催促の方法があります。詳細については郵便局に確認してください。