TOP»ITにかかわるリスク»プライバシー»身に覚えのない請求

身に覚えのない請求

架空請求メールについて

身に覚えのない架空料金請求メールが無差別に送られています。
メールには、多くの場合「アダルトサイト運営業者から未納料金の債権の譲渡を受けた。
3~7万円を指定口座へ期限までに振り込まなければ、自宅・会社へ回収に行く。」などと書かれています。
また、最近では、医師や弁護士などの職業に特定した内容のものを、その職業の方に送るものもあります。

対策

架空請求メールについて 続き

全く身に覚えがなければ、無視してください。
以前、有料サイトを使用した覚えがあっても、同じ有料サイトからの連絡とは限りません。
自分から使用した覚えのあるサイト名等を言わずに、サイト名を聞いてください。
相手の告げるサイト名に覚えがなければ、料金は払わないで下さい。
住所、氏名、電話番号などの個人情報は相手に教えないでください。
メールアドレスの変更も考慮してください。
万が一、脅しや根拠のない悪質な取立てを受けた場合は、住所地を管轄する警察署に相談してください。