TOP»お知らせ»~ Internet Explorere のセキュリティ更新プログラム配布開始 ~

~ Internet Explorere のセキュリティ更新プログラム配布開始 ~

 

GW(ゴールデンウィーク)中に緊急性の高い脆弱性(弱点)が発見された、

Internet Explorere ですが、5月2日にセキュリティ更新プログラムの配布が開始されました。
[ 参考:Microsoft セキュリティ技術センター ]

↓  ↓  ↓

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms14-021.aspx
今回は、先般サポートが終了した「XP」についてもサポート終了から間もないことから、

更新プログラムの配布対象となっております。

ご注意いただきたい点は、「Vista」「7」「8」「8.1」については、

自動的に更新を適用する設定になっていれば、更新プログラムを自動的に

ダウンロードしてくるようになっていますが、

「XP」については、手動で操作をおこなう必要があります。

「Windows XP」を継続して利用されている場合は、必ず更新プログラムの適用をおこなうようにしましょう。

今回のようなケースが今後も発生することが考えられますので、対応方法をまとめておきます。
1)更新プログラムが配布されるまで利用しない、または、別のソフトに  変更をおこなう。
2)セキュリティソフトの対応を確認し、対応を検討  ※ 対応の早いソフトは、

4月28日(月)の夜には脆弱性に対する対応が完了しているメーカーもありました。

ウィルスとして認識されますので、被害を受ける可能性は低くなります。
業務の内容によっては、ブラウザを変更することで、いままで使えていた(見えていた)

サイトが利用できなくなる場合もありますので、環境を事前に確認しておく必要もあります。

(担当:佐々木)