TOP»お知らせ»~ クラウドサービスを活用! ~

~ クラウドサービスを活用! ~

前回はタブレットの業務活用(画像編)をお届けしましたが、
今回はもう一歩踏み込んで、Microsoft の Office 製品(Word、
Excelなど)をクラウドサービスを活用して、タブレットでも
利用できるようにする方法についてお届けします。

iPad で Excel(Word)は、開かないのでは?と思われるのですが、
ファイル共有ソフトの Dropbox のアプリケーションをインストール
しておけば「ファイルの閲覧」は可能です。

Microsoft が提供しているクラウドサービスの「SkyDrive」の
アプリケーションをインストールすると同様に「ファイルの閲覧」
は可能になります。

さすがに「編集」まではできないだろうと思われがちですが、
実は「SkyDrive」にブラウザを経由してアクセスすることで、
iPadからでも「ファイルの編集」をおこなうことができます。

事務所内のパソコンとアカウントを共有しておけば、外出先から
でもファイルを触ることができるようになりますので、USBメモリー
も不要になり、紛失することも少なくなります。

ただし、IDとパスワードでアクセスできますので、あまり簡単な
パスワードを設定しないこと、定期的なパスワード変更は最低限
必要になります。

(担当:佐々木)