TOP»ITにかかわるリスク»プライバシー»個人情報が危ない

個人情報が危ない

フィッシング(Phishing)について

フィッシング(Phishing)とは、
オンライン銀行や有料サービスサイトなどからのメールを装って、
受信者を偽のホームページにアクセスするように仕向け、
そのホームページで個人の金融情報など
(クレジットカード番号、ID、パスワード等)を入力させて、
個人情報を不正に入手する行為を言います。

フィッシング(Phishing)について 続き↓


個人情報が危ない

フィッシングによってクレジットカード番号、
IDやパスワード等を入手されると、
それを使って口座から現金を引き出したり、
本人になりすまして詐欺等の不正行為を行ったりする事が考えられます。

対策

不審な電子メールに注意

フィッシングは、通常の場合企業等を装った電子メールで、偽物のホームページに誘導します。誘導の方法は、企業等を装ったメールアドレスを使用し、個人情報が流出したおそれがあるため、至急本人確認をする必要がある、セキュリティシステムを変更したので、リンク先の専用サイトからパスワードを変更してあなたのIDを他人が使用しているおそれがあるので、専用サイトからログインして などのもっともらしい理由をよそに、多くは表示は本物に見えるが、リンク先は偽物のホームページのURL が記載されています。

また、正式なパスワードを攻撃者が指定したものに変更させるために
IDのコードが解析されたので、被害防止のためパスワードを「*******」に変更
して などと記載し、正式なホームページを使用して行われる場合もあります。

※電子メールのリンクは、絶対にクリックしないでください。