TOP»お知らせ»フリーソフト(ウェア)を利用する上で注意したいこと

フリーソフト(ウェア)を利用する上で注意したいこと

■□■ ニュース ■□■

~ フリーソフト(ウェア)を利用する上で注意したいこと ~

業務をおこなう上で、Microsoft の Office に入っていない機能
をフリーソフト(ウェア)で補完しているケースが多いと思います。

以前はフリーソフトのダウンロードと言えば、「窓の杜」や、
「Vector」が良く利用されていると思います。
探しても適当なソフトが無ければ、インターネットでキーワード
検索をして、いくつか候補を試し、使い勝手の良いソフトを最終的に
残されていると思います。

そういったケースで気を付けたいこととしては、

(1)目的以外のソフトが同時にインストールされてしまうこと。
(2)「ダウンロードボタン」を押した後に別のソフトがインストール
されてしまうこと。

(1)のケースは、ソフトの正規の配布元(作者)からダウンロードして
いるかどうか?
(2)のケースは、正しい「ダウロードボタン」を押しているか?

を事前にきっちり確認する必要があります。

最近は「窓の杜」であっても、ダウンロード対象のソフト以外の
「ダウンロードボタン」が表示(広告と思われる)されていることが
多く、そちらの方が正しいボタンより「目立つ」っている為に
間違ってダウンロード&インストールをしてしまうケースも多々
あるようです。

社内にソフトウェアの管理者がいる場合は、インストールの可否も
含めて確認をおこないましょう。

(担当:佐々木)

■□■ フリーソフトの管理を徹底 ■□■

社内のソフトウェアの運用規定などの社内ルールが無い場合は、
各個人の判断で、ソフトのインストールが日常的に行われている
と思います。

そういった場合でも、業務で利用するソフトを予め決めておき、
ファイルサーバーなどに安全が確認できているソフトを保管して
おくことで、誰でも安全にソフトを利用することができるように
なります。

インターネットは便利ですが、直接取得したソフトをいきなり
パソコンにインストールを行うことは相当なリスクを抱えると
いう認識が必要です。